日本国際ツーリズム殿堂とは 「殿堂入り」への道程 「殿堂入り」した方々 国際ツーリズムの歩み  
     
  選考内容  
  選考方法
下記、選考基準及び評価基準を元に、選考委員がそれぞれ10名を記名投票し、得票数の多い候補者を中心に、殿堂顕彰者を選出する。
 
 
  選考基準
今日の我が国のツーリズム産業発展に貢献したと誰しもが
認める方であること
強力なリーダーシップを発揮して各分野に貢献された方で
あること
後継の人々に多大な影響を与え、未だその意志が受け継がれて
いる方であること
 
 
  評価基準
産業基盤の整備・確立に果たした役割
業界の社会的地位向上に果たした役割
経営基盤の整備・確立に果たした役割
業界の国際化に果たした役割
市場拡大への貢献
商品開発、販売システム開発、観光地開発などに果たした役割
人材育成に果たした役割
学術・言論に果たした役割
その他特筆すべき貢献、業績
 
 
  選考範囲
旅行業者 政府観光局
航空会社 ホテル・旅館
ツアー・オペレーター ジャーナリズム
観光関連団体 観光関連事業者及び個人
 
(c)Japan Intarnational Tourism or Fmae. All rights researved.